• ユニットバスリフォームの注意点

    ユニットバスとは、メーカーが向上であらかじめ作成していたパーツを、現地で組み立てるという商品で、浴槽や壁、床、天井などがすべてセットになっています。



    現場では、プラモデルのように、組み立てていくことで、浴室を作っていくことができ、誰がリフォームをしてもクオリティを保つことができ、一から制作するよりも、リフォームの期間が短くなり、コストを抑えることができるというメリットがあります。


    浴室を一から作る場合、クオリティというのは職人によって異なります。
    一方、ユニットバスの場合は、向上で生産されている商品ですから、誰が組み立てても一定のクオリティを保つことができます。



    また、一から浴室を作る場合には、工期が長くかかってしまいますが、ユニットバスなら現場で細かな調節をするだけですみますから、工事期間も短くすることができます。

    そのほかにも、浴室のデザインや材料、職人の工賃などを抑えることができるため、コストを抑えることができます。



    ユニットバスの耐久年数というのは、一般的に10〜20年ほどといわれています。

    毎日使う場所ですから、劣化がしやすい場所でもあり、下地まで傷んでしまうと、リフォーム費用も余分にかかってしまいますから、早めにリフォームを検討した方が結果的にコストを抑えることができます。

    ユニットバスのリフォームを検討している場合には、家の構造やサイズにあったものを選び、信頼できる業者に依頼することが大切です。